受付時間

土日午後は15:00~16:00

アクセス

幸町IVFクリニック

〒183-0055 東京都府中市府中町1-18-17
コンテント府中 1F・2F

  • 京王線府中駅から徒歩4分
  • 駐車スペース11台分
  • 体外受精
  • 顕微受精
  • 抗加齢医学

培養室紹介

  • 当院では「質の高い」体外受精を目指しています。
  • 体外受精の3本柱は、患者様ご自身のコンディション、医師の技量、
    そして培養技術です。これらが最も良い条件が整ったときに妊娠が成立します。
    ここではその一つである培養室についてご紹介します。

1. 清浄度の高い培養環境と最新の機器・設備

当院の培養室は、高性能な電気集塵機および高精度ヘパフィルターを設置し、培養室スタッフ以外の入室を極力制限しているため、非常に高い清浄度に保たれています。
さらに厳密な温湿度管理・照度管理を行い、出来る限り胚へのストレスを抑えた環境で体外受精を行っています。

また、紡錘体可視化装置やタイムラプスビデオといった特殊な機器を用いて、正確度の高い体外受精を実施しています。

2. 紡錘体可視化装置による精密な体外受精

当院では、卵子の紡錘体(卵子の染色体と、細胞分裂の際に染色体を分配する線維との複合構造体)を卵子に影響を与えずに観察できる、特殊な顕微鏡を備えています。 この特殊な顕微鏡を用いて、より精密な体外受精を行うことが可能になります。

レスキューICSI(顕微授精)

この特殊な顕微鏡を用いて当院独自のレスキューICSIのプロトコールを確立し、事前に予測できない突発的な受精不良で全く受精しなかった場合でも、追加で顕微授精を行うことで、十分妊娠を狙うことができる正常受精卵を得ることも可能です。 当院の体外受精では正常受精卵の取得率が高いため「受精しないと不安だから」という理由で、安易に顕微授精を行う必要がありません。

正常受精率の高いICSI

当院のICSIは、卵子の紡錘体の位置や状態を確認しながら実施しています。卵子の染色体を傷つけることなく、また卵の成熟度を確認してからICSIの施行を決定するため、高い正常受精率を維持しています。

[ICSI]

3.タイムラプスビデオ

受精卵は培養器の中で温度・湿度・ガス濃度が厳密に管理された状態で培養されています。これらを観察するためには、受精卵を培養器から取り出す必要があり、観察の度に一定の負荷がかかるため、観察・記録は必要最小限のポイントで行います。
タイムラプスビデオは、胚を培養器に収納したまま一定時間毎に撮影し、動画のように記録することができる特殊な機器です。受精卵は、各ピンポイント観察だけではなく、前核形成の状態や時間、卵割開始時間やその細胞動態などが、正常性や優劣を見分ける指標になるのではないかとの意見が多数報告されています。受精卵の発育に影響を与えずにその動態を詳細に観察し、正常性の高い胚を選定することが妊娠率向上につながります。

胚培養士について

培養室の受け持つ仕事は、非常に細やかな神経と十分な経験が必要です。当院では十分な実績と技術を持った技師が、責任を持って体外受精を遂行しています。
当院では十分な技術修得ができていないスタッフは、患者様の精子や卵子に一切触れることができません。技術水準は、実験動物を用いて受精率90%以上、胚盤胞形成率80%以上の成績を常に維持できること、周辺機器や設備類の管理・メンテナンスができることが培養室スタッフに要求される最低条件です。
もちろん技術のみならず、さらに生殖学の基礎や臨床知識などをしっかり身に付けることが必須となります。培養室スタッフは最新の技術や知見に常にアンテナを張り、一人でも多く方の妊娠に貢献できるよう努力しています。

また、経験10年以上の胚培養士が常に培養室内に在室し、すべての過程を管理・監督しています。

当院の患者様は、培養室スタッフと接する機会が比較的多いと思います。当院では、体外受精のセミナーや、コーディネート、体外受精の結果の説明などは培養室スタッフが担当しています。体外受精は、患者様の見えないところで行っている作業が多く、ご夫婦の大切な卵や精子を安心して預けて頂くためには、人柄が見える上で信頼して頂くことが大切だと考えているからです。

同時に培養室スタッフも、十分な説明ができるように日々勉強する意欲がわきますし、お預かりしている精子や卵子も細胞ではなく、ご夫婦の小さな赤ちゃんであることを強く実感しながら体外受精を遂行することができます。

培養室の安全対策

当院では、採卵の際に患者様にネームシールを確認して頂いてから、すべての行為(採卵、精子の処理、精子と卵子の媒精、顕微授精等など)は必ず2人の技師が担当し、ダブルチェックを必須としています。
また、胚移植の際には、培養室スタッフと医師とで確認を行い、最後に再び患者様ご自身に確認して頂くことで、卵子・精子・胚の取り違えを防止しています。また、どのような行為であっても1人の症例が終了するまで、次の症例を始めることは絶対にありません。これによって、精子・卵子の誤った混入などは、万に一つの可能性も一切否定される条件下で体外受精を進めています。

初診のご予約

初診の方はお電話にてご予約ください。

電話予約受付時間火~金 9:30~17:00
土・日 9:30~16:00
初診のご予約・お問い合わせ TEL:042-365-0341

再診のご予約

再診の方はインターネットでご予約ください。

インターネットのご予約

back to top