体外受精の専門クリニック 幸町IVFクリニック

メニュー
■初診のご予約・お問い合わせ
facebook
電話予約受付時間 火~金 9:30~17:00
土・日 9:30~16:00
■再診のご予約
インターネットでご予約
診療時間

※休診日:月・祝日、年末年始、夏季休暇
※火~金曜日の受付は17:00までです

■メディア掲載
メディア掲載
地図

幸町IVFクリニック
〒183-0055 東京都府中市府中町1-18-17
コンテント府中 1F・2F

京王線府中駅から徒歩4分
駐車スペース11台分

新着情報 facebook

体外受精とは

体外受精についてご紹介しています。
体外受精とは?
診察
卵巣で発育した卵子は、十分成熟すると卵管に排卵されます。卵子はそこで精子と出会い、受精します。その後、受精卵は発育しながら卵管を通過し、子宮へたどり着いて着床します。

この過程のどこかに問題がある場合や、卵子と精子が出会うタイミングが少しずれてしまうだけでも、自然に妊娠することは困難です。

体外受精-胚移植法とは、この一連の過程の「受精から胚の発育まで」を人工的に補助することで妊娠を成立させる治療法です。

一般不妊治療ではなかなか妊娠できなかった難治性の不妊症に対して、非常に有効な方法です。この方法では、高度生殖医療と呼ばれているように、豊富な経験と知識、高度な技術、そして専門の設備が必要になります。主に、以下の治療法を主体とし、症例の状況に応じて必要な技術を選択します。

体外受精-胚移植法
発育した卵胞を、超音波を見ながら穿刺・吸引して、卵子を採取します(採卵)。
採取した卵子を精子と一緒に培養して体外で受精させ、さらに数日間培養した後、1個の受精卵(胚)を子宮へ戻します(胚移植)。

顕微授精法
精子の数が極端に少ない、運動性が悪いなど、精子が自力で卵子と受精するのが難しいと考えられる場合、精子を卵子の細胞質へ直接注入して受精させる方法を卵細胞質内精子注入法(ICSI)といいます。

胚盤胞移植法
通常、胚移植は、4~8細胞期に行われていますが、これを更に追加培養して、胞胚まで発育させてから子宮へ戻す方法です。これは、胚をさらに発育させることによって、妊娠の可能性が高い胚を優先的に胚移植することができるようになるため、妊娠率の向上が期待されます。

凍結-融解胚移植法へ
胚移植数は1個を原則としています。それ以上の受精卵が得られた場合や、卵巣刺激による副作用(卵巣過剰刺激症候群;OHSS)が危惧される場合など、受精卵(胚)を凍結保存することができます。凍結保存した胚は、希望の周期に融解して胚移植を行います。
体外受精の適応
体外受精は、以下のような状態の方に積極的にお勧めする治療です。

卵管性不妊症
卵管が両側とも詰まっている、もしくは以前に摘出してしまったなど、卵子と精子が出会うことができないために妊娠できない状態です。

子宮内膜症
子宮の内膜が、子宮以外の組織や臓器に存在、増生するために起きる病態です。本来の場所ではないところに増生した内膜も、毎回の月経ごとに通常の子宮内膜と同じように剥がれ落ちるため、局所で炎症が起きてひどい月経痛が起きることもあります。この炎症によって卵巣や子宮などの妊娠に直接関わる大事な臓器が影響を受けると、妊娠しにくい状況になることがあります。この病気を治療したにも関わらず妊娠しない場合には、体外受精-胚移植法が効果的なことがあります。

抗精子抗体陽性
女性の体液中に、精子を攻撃してしまう因子(抗精子抗体)がつくられ、身体に入ってきた精子が攻撃されて受精ができない状態です。通常の体外受精を行った場合、体外での受精は成立するものの、卵子の殻(透明帯)にも多数の精子が付着した状態になるため、着床までを考慮して顕微授精を選択する必要があります。

男性不妊症
精子の数が少ない、運動性が悪いなどのため、自力では卵子まで到達できない、または到達できても精子が受精する能力を持っていないために受精できない状態です。顕微授精が必要になります。

原因不明
不妊症の検査をいろいろと行い、特定の原因が見つからないにもかかわらず、妊娠が成立しない状態です。現在、不妊の病態を調べる検査はいくつもありますが、これらの検査で判明することというのは、妊娠が成立する過程の一部に過ぎず、すべての状況が明らかにできるわけではありません。その「検査では判らない部分」に何らかの問題が発生している場合、体外受精-胚移植法が有効な場合があります。
人工授精との違い
体外受精と人工授精は名前が似ているので、よく混同されがちですが、その内容は大きく異なっています。

人工授精は、体内で自然妊娠を成立させるための一般不妊治療の1つです。つまり、受精や胚の発育はすべて、体内で起こります。
排卵日を特定して、その日に合わせて濃縮した精子を子宮の中に注入しますが、
・実際に精子が卵子まで到達できているのか?
・正常受精が成立したのか?
・その後、どのように発育したか?
・正しく子宮までたどり着いているのか?
などは、確認することは出来ません。

一方、体外受精の場合は、受精を確実に成立させるために、卵子を体外に取り出すので、受精から胚が子宮に到達するまでを体外で過ごします。
卵子を体外に取り出して、精子と受精を成立させ、受精卵の発育状況を観察し、その受精卵を子宮の中に戻すというところまで、1つ1つ、人間の目で、確認することが出来ますので、より確実性の高い治療です。

人工授精の妊娠率は7-8%と自然妊娠と同程度ですが、体外受精の妊娠率は30-50%前後ですので、体外受精はかなり有用な方法であると言えます。

体外受精


このページのトップへ戻る