幸町IVFクリニック

院長

院長カテゴリ一覧

精子DNA損傷検査(DFI)

院長
2021.04.01

幸町IVFクリニック院長 雀部です。 今回は、精子の検査の話です。 精子を評価する検査として、精子の濃度や運動性を調べる一般精液検査が広く行われています。しかし、一般精液検査はいわゆる外見を指標としており、精子を評価する...

着床前胚染色体異数性検査(PGT-A)

院長
2021.02.11

幸町IVFクリニック院長 雀部です。 今回は、着床前胚染色体異数性検査(PGT-A)の話題です。 着床前胚染色体異数性検査(PGT-A)って何?という方は、当院のホームページをご覧になってください。簡単にいうと、胚から5...

凍結保存胚の劣化

院長
2020.09.24

幸町IVFクリニック院長 雀部です。このブログでは、私が普段読んでいる論文の中から、皆様に興味を持ってもらえそうな内容の論文を独断と偏見で選んで紹介しています。 今回は、胚の凍結保存期間が治療成績に及ぼす影響についての話...

コスパの良い不妊治療

院長
2020.09.17

幸町IVFクリニック院長 雀部です。 今回は、不妊治療とお金の話です。 医療とお金は、非常に重要な関係にあります。しかし、日本の医療業界は、長らく医療とお金の話を結びつけて話しをすることをタブー視する傾向にあります。例え...

ご主人の年齢と児の統合失調症

院長
2020.09.10

幸町IVFクリニック院長 雀部です。 今回も男性の年齢の話です。 前々回の男性の年齢と胚の染色体異常の関係、前回の男性の年齢と児の先天性心疾患の関係と男性の年齢の話が続いています。これで終わりにしようと思っていたら、もう...

ご主人の年齢と児の先天性心疾患

院長
2020.09.03

幸町IVFクリニック院長 雀部です。 今回は、前回に引き続き男性の年齢の話です。 前回、男性の高年齢と胚の染色体異常率は関係がないという話をしました。今回は、男性の高年齢と児の先天性心疾患の関係について検証した研究を紹介...

ご主人の年齢と胚の染色体異常

院長
2020.08.27

幸町IVFクリニック院長 雀部です。 今回は、男性の年齢と胚の染色体異常の関係についてです。 女性の年齢が高くなるに従い、胚の染色体異常率が高くなることは、よく知られています。染色体異常のうち、倍数性異常(通常は2倍体、...

妊娠しやすい季節

院長
2020.08.20

幸町IVFクリニック院長 雀部です。 今回の話題は、妊娠と季節の話です。 一般にマウスは春と秋が妊孕性(妊娠する能力)が高いといわれています。大学院生の頃、実験でマウスの体外受精をたくさんやりましたが、春と秋はたくさん卵...

卵子の最終成熟;デュアルトリガー

院長
2020.08.13

幸町IVFクリニック院長 雀部です。 今回は、卵子の最終成熟を目的として、採卵2日目の夜10時に行う投薬の話です。 卵子の最終成熟は、自然周期ではLHというホルモンのサージ(急上昇)がトリガー(引き金)となります。体外受...

プロゲステロン併用の卵巣刺激法

院長
2020.08.06

幸町IVFクリニック院長 雀部です。 今回は、卵巣刺激法の話です。 近年、プロゲステロンを併用した卵巣刺激法が広く普及しています。英語では、progestin prime ovarian stimulation (PPO...

ご相談・初診のご予約はお気軽にContact