幸町IVFクリニック

保険は診療内容に制限があります

保険は診療内容に制限があります

具体的には下記のような方の場合に、体外受精をお勧めしています 保険診療は、いわゆる標準的な治療(主に診療ガイドラインにて推奨度AまたはB)を対象にしています。保険外診療(主に診療ガイドラインにて推奨度C)を、保険診療と同時または並行して行うと混合診療と見なされルール違反になってしまいます。ただし、これには特例があります。先進医療(※)として登録された治療に関しては、混合診療が可能という制度があります。

※先進医療とは、保険診療と認められていない先進的な医療技術について、将来的な保険導入に向けた評価を行うために、安全性・有効性を確保するための施設基準等を満たして認可を得た医療機関のみが保険診療との併用を認められた医療技術です。

保険診療

卵巣刺激、採卵、体外受精、顕微授精、胚移植、胚の凍結・融解、黄体補充など、基本的な生殖補助医療は、保険診療として実施できます。ただし、薬剤の選択や用法、検査の回数に制限があります。

保険外診療

  1. タイムラプス培養

    先進医療として登録されました。保険診療と混合して実施できます。当院では、全症例にタイムラプス培養を実施しています。
    タイムラプスはこちら

  2. ERA、EMMA、ALICE(着床不全の検査)

    先進医療として登録されました。保険診療と混合して実施できます。
    着床障害の対策はこちら

  3. 精子DNA損傷検査

    保険診療として認められていないため、実施できません。
    精子DNA損傷検査はこちら

  4. レスキューICSI

    保険診療として認められていないため、実施できません。
    レスキューICSIはこちら

  5. ZyMot(精子セパレーター)

    先進医療登録への動きがありますが、まだ登録されていません。登録されるまでの間は、実施できません。
    精子にやさしい精液処理法はこちら

  6. PRP(多血小板血漿)を用いた治療

    先進医療登録への動きがありますが、まだ登録されていません。登録されるまでの間は、実施できません。
    PRPを用いた治療はこちら

  7. PGT-A/SR

    体外受精部分も含めて全額自費の診療になります。
    着床前胚染色体異数性検査(PGT-A)はこちら

  8. 子宮鏡、子宮内膜組織診

    子宮鏡と一般的な病理検査は実施できますが、診断精度を上げるための免疫染色は実施できません。
    子宮内膜組織診・病理検査(免疫染色)はこちら

  9. サプリ

    サプリを用いた治療は、混合診療と見なされる可能性があり、実施できません。

  10. 貯卵(繰り返し採卵を行い胚をストックすること)

    保険診療では、貯卵目的の採卵はできません。

ご相談・初診のご予約はお気軽にContact