受付時間

土日午後は15:00~16:00

アクセス

幸町IVFクリニック

〒183-0055 東京都府中市府中町1-18-17
コンテント府中 1F・2F

  • 京王線府中駅から徒歩4分
  • 駐車スペース11台分
  • 体外受精
  • 顕微受精
  • 抗加齢医学

ホーム>体外受精とは

体外受精とは?

自然の妊娠の場合では、排卵された卵子は卵管で精子と出会い、受精して発育しながら子宮へ着床します。この過程のどこかに問題がある場合には、自然に妊娠することは困難です。

体外受精-胚移植法とは、この一連の過程の受精から胚の発育までを人工的に補助することで妊娠を成立させる治療法です。
一般不妊治療ではなかなか妊娠できなかった難治性の不妊症に対して、非常に有効な方法です。この方法では、高度生殖医療と呼ばれているように、豊富な経験と知識、高度な技術、そして専門の設備が必要になります。

高度生殖医療

体外受精-胚移植法

複数の卵胞を発育させて、超音波を見ながらこれらの卵胞を穿刺し、卵子を採取します(採卵)。
採取した卵子を精子と一緒に培養して体外で受精させ、さらに数日間培養した後、1個の受精卵(胚)を子宮へ戻します(胚移植)。

顕微授精法

極端に精液所見が悪い場合(精子数・運動性)や、体外受精では受精しなかった場合に、精子を直接、卵子の細胞質へ注入して受精させる卵細胞質内精子注入法(ICSI)を行います。

胞胚期移植法

通常、胚移植は、4~8細胞期に行われていますが、これを更に追加培養して、胞胚まで発育させてから子宮へ戻す方法です。これは、胚をさらに発育させることによって、妊娠の可能性のある胚とほとんどない胚を見分けることができるため、妊娠率の向上が期待されます。

凍結-融解胚移植法

胚移植数は1個を原則としています。それ以上の受精卵が得られた場合や、卵巣刺激による副作用(卵巣過剰刺激症候群;OHSS)が危惧される場合など、受精卵(胚)を凍結保存することができます。凍結保存した胚は、希望の周期に融解して胚移植を行います。

体外受精-胚移植法の適応

卵管性不妊症

卵管が両側とも詰まっている、もしくは以前摘出してしまったなど、卵子と精子が出会うことができないために妊娠できない状態。

子宮内膜症

子宮内膜は、本来子宮腔内面に存在すべきですが、それ以外の組織や臓器に存在し、増生するために生じる病態。この病気を治療したにも関わらず妊娠しない場合には、体外受精-胚移植法が効果的なことがあります。

抗精子抗体陽性

体液中に精子を攻撃してしまう因子(抗精子抗体)がつくられ、身体に入ってきた精子が死んでしまうことで受精できない状態。

男性不妊症

精子の数が少ない、運動性が悪いなどのため、卵子まで到達できない、または到達できても受精能がないために受精できない状態。

原因不明

不妊症の検査をいろいろと行ったにも関わらず、特定の原因が見つからない状態。

人工授精との違い

初診のご予約

初診の方はお電話にてご予約ください。

電話予約受付時間火~金 9:30~17:00
土・日 9:30~16:00
初診のご予約・お問い合わせ TEL:042-365-0341

再診のご予約

再診の方はインターネットでご予約ください。

インターネットのご予約

back to top